2019年7月27日土曜日

MithriとBootstrapとWebpack

ここ2年ほど,WebのフレームワークとしてMithrilを時々使っているのだけど,どうにもWebpackの黒魔法が苦手で,毎回調べては忘れというのを繰り返していた。
いい加減学習して,Mithril + Bootstrap + Webpackで始めるときのテンプレートプロジェクトを用意してみた。

どうにもjavascriptのフロントエンド業界の変化の激しさについていけず,Vueみたいなリッチなフレームワークには手を出しにくい。で,かなりコンパクトでシンプルなMithrilが自分的にはちょうどいい感じ。
コンパクトだけど,routing / コンポーネント / 仮想DOM / XHRといった基本的な機能は持っているし,pure javascriptで書ける。一応,Webpackのような黒魔法無しで使うこともできる。

それにしても,Webpack(というか,その手のbundler)は面倒だ。本当は使いたくないんだけど,どうしてもモジュール分割だけは避けられないので,ある程度の規模になると使わざるを得ないんだよね。(Babelみたいなトランスパイラは使わない)

2019年5月12日日曜日

BLUEDOT BNT-801W

小学生の子どもが電子書籍を読みたいということで,Androidの格安タブレット BLUEDOT BNT-801Wを買ってみた。
約1万円の格安8インチタブレットながら,
  • Google Play対応
  • Android OS 8.1搭載
というもの。スペックは,CPUもそれほど高速なものでないし,メモリも2GB,画面も1280×800pxというエントリーモデル。けど,電子書籍を読むくらいなら十分でしょう。

で,ものが今日届いて,早速セットアップ。
化粧箱は,最近のタブレットによくある感じのもの。開けると,
まあ,これもよくある感じ。早速電源を入れて,
もろもろセットアップすると,
まあ,普通のAndroid端末。実は,8インチタブレットは初めてなんだけど,電子書籍用には結構いいかも。自分はまだSony Readerを使っているけど,これが壊れたら,こういうのにするかな。

持った感じは,背面がざらついたプラスチックなので滑る感じはしないものの,いろいろ安っぽい。けど,まあ,値段を考えれば十分すぎるくらい。液晶表面は,なんか微妙にすべりが悪い。

で,Sony Reader Storeの電子書籍を読んでみると,CPUのせいか,本を開くときやページめくりなどちょっと遅く感じるけど,画面表示は十分きれい。

電子書籍や動画視聴など,用途を限定して使う分には,結構いい端末じゃないかと思う。

2018年12月22日土曜日

Google Home Mini

GoogleのホリデーセールでGoogle Home / Google Home Miniが半額になっているというのを見て,思わず買ってしまった。3000円+税なり。

とりあえず,数日使っているけど,実質的にSpotify専用スピーカー。今までだと,Bluetoothスピーカーを起動し,タブレットのBluetoothを有効にして,Spotifyを起動して再生していたのが,「OK Google。音楽をかけて」というだけで流せるというのはなかなか便利。

本当はそれ以外の使いみちも考えたいところだけど,正直,音声だけで何かできることってあまりないので…。ニュース類も,ラジオを聞くくらいなら,新聞読んだほうがいいし。

2018年12月4日火曜日

Word 2016 Microsoft Store版とMS-IMEの問題

会社で発生していることだけど,覚えとして記録。

現象

Windows 10のMS-IMEの設定で,句読点を「,。」(カンマとまる)にしているにもかかわらず,Word 2016で「ね」のキーを押したときに「、」(てん)が入力される。

発生する環境

  • Windows 10
  • Word 2016 Microsoft Store版(プレインストール版) Ver. 1811
  • MS-IME

概要

どうも,プレインストール版のOfficeには,「デスクトップ版(クイック実行版)」と「Microsoft Store版」の2種類があり,最近は「Microsoft Store版」が多いよう。
見分け方は,Word 2016の「ファイル」→「アカウント」から,「バージョン情報」蘭に「クイック実行」もしくは「Microsoft Store」と書かれている。
今回の現象は「Microsoft Store版」のみで起きている模様。

によると,同様の現象がWord 2016 Microsoft Store版 Ver. 1808までで発生していて,Ver. 1809で直ったと書かれているのだけど,1811で再発したのか?

回避方法

MS-IMEを使わない

とりあえず,Google日本語入力を使ったら,大丈夫とのこと。試していないけど,ATOKでも大丈夫かな?

Officeのデスクトップ版をインストールする

によると,ライセンス的にもMicrosoft Store版をアンインストールして,デスクトップ版をインストールすることはOKのよう。
ただ,面倒なのでできればやりたくない…。

修正されるのを待つ

消極策だけど…

なんというか,セキュリティ上の問題が発生しているのでなければ,毎月バージョンアップする必要性なんてないんだから,変なバグを埋め込まないで欲しい…

2018年11月18日日曜日

Linux Mintをインストール

私が家で使うPCは,家族共用のデスクトップPCと,専用のノートPC(ThinkPad X1 Carbon 5th)との2個。主にノートPCの方を使っているけれど,使っているソフトを考えてみると,ブラウザとEmacs(エディタ)が動けばだいたい大丈夫。最近はWeb向けもしくはHTML+Javascriptなプログラムが多いので,実はWindowsでもWindows Subsystem for Linux上でUbuntuを使っていたりすることがあって,実はWindowsいらなくない?という状況。

というわけで,ThinkPadからWindows 10にはサヨナラしてもらい,Linuxを入れることに。
もちろん,あとから戻したくなることも十分考えられるので,リカバリメディアはUSBメモリに作成しておきました。これで安心してフォーマットできる。

で,じゃあLinuxといってもどのディストリビューションを入れるのか?
慣れの関係上,Debian系のディストリビューションであるのは必須。会社ではDebianをノートPCに入れて使っているので,それが一番手っ取り早いけど,ちょっと違うものも試してみたい。というわけで,Ubuntu系ディストリビューションのLinux Mintを試してみることに。
Linux Mintは,デスクトップ環境別にCinnamon,MATE,Xfceの3種類が選べるけれど,とりあえず基本はCinnamonということだったので,Cinnamonを選択。

インストールは,UEFIのSafe Bootを切っておいたほうがいいくらいで,さくっと終了。Debianとかと比べると,あまりLinuxに詳しくない人でも困らない(考えなくてもいい)ようになっているなぁと。(個人的にはどうでもいい)

で,無事にインストールしてログイン。
日本語入力環境は,何もしなくてもFcitx + Mozcがインストールされているので,これも困らない。起動キーを「Ctrl + Space」から「変換」に変更したくらい。
で,
  • Emacs,vim
  • Google Chrome
  • keepass2
あたりを入れて,普通に生活できるように。
さすがデスクトップ向けディストリビューション。使いやすい。

ここで驚いたのがSpotifyのクライアントプログラムがUbuntuのリポジトリに存在すること。
によると,Spotifyのメンバー自体が用意しているものらしい。素晴らしい。
Spotifyは有料会員になっているので,これもインストール。

あとは,会社のサーバ(Windows Server)をリモートデスクトップ経由で緊急メンテナンスする必要があることがあって,できるかな?と思ったら,Remminaというリモートデスクトップクライアントがあると。これも,無事接続できることを確認。

というわけで,Windowsでなくなってできなくなったことは,今の所
  • Visual Studioを使うこと
  • SONY Readerの電子書籍転送ソフト
の2個だけ。まあ,これらが必要なときはデスクトップPCを使うということで十分回避できそう。

2018年10月28日日曜日

イヤフォン(WEB+DB PRESS誌のプレゼント)

またまたというか何というか,WEB+DB PRESS誌の読者プレゼントで今度はイヤフォンをもらってしまいました。技評さん,ありがとうございます。
レソナンシア・Hi-Fi・イヤフォン:これですね。確かに応募したのは覚えているのですが,先日届いていた最新号に名前が載っていた記憶がない。見落としたか?😅

ただ,この製品,ググってもこのメーカーページと,Amazon / Yahoo Shoppingの販売サイト以外,ほとんど情報がない。それ以外で出てくるのはメルカリで売られているのが数個あるくらい。驚くのは価格。14,000円!最高価格帯というわけじゃないけど,この価格帯のイヤフォンを買う層って,かなりこだわって買っていると思うから,これだけ情報がないと売れない気がするのだけど。

まあ,いただいたものなので,贅沢は言わず開けてみる。
パッケージの印刷(というか,組版)が若干中華っぽい,というかまあそういう製品でしょう。Webページも日本語がネイティブじゃない感じだし。あと,誤植とか。
このしましま模様はファッショナブルなのか?

で,肝心の音について。
すみません,私は良し悪しの区別がわかりません。😅
今まで使っていたXperia Z3 Compact付属のヘッドホンと比べると,本体側の音量を小さくしないとうるさい位なので,細かい音が聞こえるのかな?あと,イヤピースの感じはいいです。私の耳にサイズが合っているだけかもしれないけど,不安定な感じがまったくしない。
上で怪しさ抜群みたいな感じで書いたけど,ものとしては悪くないと思います。ただ,14,000円出すかといわれると,すみません,私は出せません。(というか,いろいろな意味で音が聞こえないので,高級ヘッドホンは猫に小判状態)

2018年10月21日日曜日

Minecraftで水族館

久しぶりにMinecraftの話題。

地図の範囲を広げるべく探検していたら,Ver. 1.13で追加された海関連のMobのカメを発見。
調べてみると,水草で卵を産ませることができ,シルクタッチの道具があれば持ち帰れると。その時はシルクタッチの道具を持っていなかったので,いったん引き返したりして,なんとかカメの卵を拠点にお持ち帰り。

で,どうせなら水族館を作ってみようということで,
水族館完成!
入ったところはゲート。
で,カメの水槽には,ちゃんと砂浜も完備。
もうひとつは,魚の水槽。今はサケしかいないけど。
一応,2階に上がると,上からものぞけるように。

水族館のカメ水槽は,いきなり満員になってしまったので,この水族館とは別に,カメの繁殖用砂浜も用意。